自動運転機能を導入しました!
SK-14

UA-0070の機能に「自動モード」を追加

「自動モード」は処理後、機械が自動停止します。
その後、機械は
待機状態となりますので、不特定多数の人に
缶を投入していただけます。
自動運転時には、
一括投入口と操作パネルに施錠しご利用ください。

小型電動一括投入型減容機UA-0070をベースとし、連続モードは管理者の一括処理作業を軽減します。 一個処理と中量処理の切替はスイッチひとつで対応して頂けます。

お問合わせ
電動中量処理減容機(自動運転機能付き) SK-14

特徴

  • 自販機サイドに設置可能な自動処理。上扉を開ければ、一括投入も可能な兼用機
  • 投入口に手を入れると自動停止する安全対応
  • 缶は投入しやすく、毎時2000缶の高速処理を実現
  • 200Wモーター採用で省エネタイプ
  • 一括投入では、最大80缶処理も可能
  • 硬い異物を誤投入してもオーバーロード停止して、トラブルを防止します
  • 感電防止の漏電ブレーカー付き
  • 電源はAC100VでOK
  • キャスター付きなので移動もできます

用途

  • 企業様における事業所内の空き缶減容処理作業で、UA-0070と
    同様の一括処理の他、自販機サイドに設置して一個投入の自動処理も可能で、
    管理者のご負担を軽減することができます。
  • 一個処理、一括処理の二つの顔を持ちます。

仕様

対象飲料缶サイズ 160ml〜500ml(一括投入の場合1gまで可)
ホッパー容量 最大80缶
処理能力 2,000缶/毎時 (250ml缶)
保護機能 漏電ブレーカー/オーバーロード停止、扉スイッチ
動   力 200Wモーター
電   源 AC100V (50/60Hz)
寸   法 39.0cm×42.5cm×110.0cm
重   量 60kg
付 属 品 回収箱、マグネくん(選別棒) 各1個
選別機能 なし
価格 オープン価格 → こちらよりお問い合わせください。

※本機ではスプレー缶、PETボトル、ビンは潰せません。

このページの上へ